kripalu Japan

ちょこっとヨガ講座 - クリパルヨガの特徴③:選択の自由

動きを通して気づきを促すボディーワークとして知られるフェルデンクライスメソッドの創始者、モーシェ・フェルデンクライスは、「自由とは選択肢のあることだ」と述べています。何かをするのに、一つの方法しかなければ、それは不自由です。いくつかの別の方法があれば、そこには選択の自由があります。
アーサナをする過程において、いくつかの選択肢があれば、自己探求の自由と自ら選ぶという主体性が生まれます。クリパルヨガでは、基本となるアーサナを教えながら、それとは別の方法を提示しています。「出来ないから違う方法をしなくてはならない」ではなく、出来ても「違った方法をあえて行う」こと選択肢を提供しているのです。

大人になると「自分のやり方」というものが習慣化してきて、毎日がマンネリ化してくるものです。その習慣から抜け出て、違ったことを体験すると、人生での学びが深まり、豊かになるものです。同じような観点から、クリパルヨガでは、アーサナそのものを人生に見立てて、そこでいろいろな体験をしようではないかと提案しているのです。

したがって、アーサナの完成形に至ることをゴールとするのではなく、その過程でいろいろな体験をすることで、自分自身の探求にしようとしています。道のりが最短距離であっても、それが習慣化された道程になると、そこには、何の選択もなく、自由も主体性もありません。逆に、道のりに時間がかかり苦労しても、それを自ら選んでいるとき、そこには、主体性と自由があります。主体性のないヨガの練習では、複雑な人生には応用がききません。

基本型と違うアーサナの方法には、補助器具を使うことも含まれていますが、いずれも、かつては「variation」(変則)とか「modification」(修正)という言葉で表現されていました。しかし、最近のクリパルヨガでは、「option」(選択)という言葉で表現していて、そのことに、個人の主体性を尊重しようとする意図が感じられます。

次回、クリパルヨガをする時には、自分は「出来るからいい」ではなく、出来ても「違う方法でやってみよう」と、自分にもう一つの選択肢を与えてみてください。そして、その自由を持って体を動かすことで要求される主体性とか、責任というものを体験してみてください。ヨガの体験が、また、ぐっと深まってくるでしょう。(続く)

2010-09-27

カテゴリ: ちょこっとヨガ講座

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 北口徒歩3分

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。