kripalu Japan

クリパルヨガ

クリパルヨガとは

クリパルヨガは、完成されたポーズを目指すことよりも、
内面で実際に起きていることを受け入れることを大切にしています。
このため、自分への理解を深め、人との関係を改善するなど、セラピー的な要素があり、
体だけでなく、心を大切にした暮らしを模索する人に静かな支持を集めています。

「クリパル」とはサンスクリット語で「慈しみ」という意味で、
その名の通り、一人ひとりの体験を尊重すること、日常に応用しやすく、誰にでも安全に楽しめることが特徴です。

体験者の声

呼吸に意識を向けてヨガをすることで、身体と心が一体となることがとても気持ち良いです。日常の慌ただしさに流されて、自分を大事にできなくなることが多々ありますが、クリパルヨガをすると地に足がつき、自分自身でいられるようになります。「こうでなくてはいけない」という規制がなく、身体が硬くてもできるので 歳をとっても続けられると思います。

三宅千晶さん 会社員

クリパルヨガのクラスでは、教師の方によるメンタルな部分への言葉がけによって、普段は意識しない心の癖に気がつくことがあります。客観的に自分自身を観察し、受け入れることに繋がっているように思います。クラス後は心身共に整えられた感覚があり、週1回程度通っています。

中島徹さん 会社員

ヨガのレッスンが、他者との比較ではなく、自己と向き合うことに重きを置かれているので、心身との対話の時間をもつことができます。そのことによって、心身の変化を感じることができて面白いです。

田坂幸子さん 舞台演出家/セラピスト

クリパルヨガの歴史

クリパルヨガの源流となるインド哲学とヨガ

クリパルヨガは、1970年代インドのヨギであるスワミ・クリパル(1913-1981)が米国クリパルセンターで伝えた教えと、彼の継承したインドの古代哲学やヨガ思想に基づいたヨガです。ヨガの発祥の地であるインドには、ヨガに大きな影響を与えたヴェーダンタ哲学、サンキャ哲学、タントラ哲学などがありますが、その中のサンキャ哲学からは古典ヨガが、そしてタントラ哲学からはタントラ・ハタヨガが発展してきました。スワミ・クリパルは、それぞれの哲学は対立し合うものではなく、むしろ相互に補完し合うものとして、彼自身のヨガの実践で統合してきました。

クリパルヨガの歴史の流れイメージ
クリパルヨガの源流となるインド哲学とヨガ

人々とコミュニティをエンパワーするヨガ

これらのインドの哲学と実践法に、1970年代からクリパルヨガは人間の可能性を追求するホーリスティック医学、健康学、人間心理学、教育学などの知識や技法をヨガの実践やその指導法に取り入れてきました。また、最近では、「個の尊重」「多様性」「人間性」「共存共生」など、現代人の多様な価値観や意識的変化を踏まえて、人々とコミュニティをエンパワーするためのヨガとして広まっています。

クリパルセンターの沿革

初期のクリパルセンターは、1970年代に遡り、スワミ・クリパル師の弟子であるアムレット・デサイによって指導されていました。その後、師弟関係を軸にした修行道場(アシュラム)から脱却し、あらゆる流派のヨガや精神世界の先駆者を招き、その教え、手法、研究成果を積極的に取り入れています。その結果、「流派のない流派」と言われるほど枠組みを広げ、年間を通して多くのプログラムを提供するようになりました。現在、クリパルセンターは、年間を通してヨガとアーユルヴェーダの各学部を中心に各種プロフェッショナル・トレーニングを開催する他に、健康、自己発見・心理学・脳神経学、アート、精神性、瞑想などのプログラムを通して自己を解放し、より自由で豊かな生き方を探究する北米最大のホリスティック・センターとして発展しています。

クリパルヨガのメソッド

クリパルヨガのメソッドイメージ

クリパルヨガの3つのステージ

クリパルヨガでは、ヨガのプロセスを3つのステージに分類し、各ステージごとに体・心・精神に対してアプローチしていく独自のメソッドを用意しています。

ステージ1

ポーズの基礎(体と呼吸への気づきを高める)

ポーズのアライメントを整え、体の動きと呼吸を合わせ、
自分の体験に意識を向けます。

ステージ2

ポーズの保持(注意を内面へ広げ、集中する)

ポーズを保つことでわき起こる感覚や思考、感情に集中し、
それに抵抗するのではなく、ともに寄り添う慈悲の心を養います。

ステージ3

動く瞑想(自然にゆだねる)

ポーズの形を手放し、体からの知恵にまかせ自由に動きを展開させます。
そのなかで、すべてを見守る瞑想意識を体験するクリパルヨガ独自のメソッドです。

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 北口徒歩3分

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。