下北沢のヨガスタジオ kripalu Japan - ヨガ&セラピー

クリパル単語帳 - 意図(intention)

意図とは、何かをしようと考えたり、目指していることです。その英語訳である「intention」の語源は、心の中に何かを抱くの意。達成すべき目
標やゴールとは若干ニュアンスが異なり、これから行う行為に対する動機や理由に近いと思います。そして、この意図は、自分の心に関心、興味、好奇心を抱かせてくれます。それによって、自分の心には意志と集中が高まり、強い行動力へと繋がっていきます。

例えば、街を歩くとき、自分の興味や関心事には注意が向き易く心も集中します。同じように、「今日のヨガの練習で、自分の興味や関心は何なのか」「自分は何を知りたいのか」といった意図と共にヨガをすれば、同じことを体験していても、そこで起きていることへの集中は高まるでしょう。

何であれ何かをする時には、「それをすることで、どうしたいのか?」というイメージが明確であればあるほど、理解や成長は速まります。また、時に困難な道程であっても、継続する力になります。そう言った観点から、意図を抱くことは、クリパルヨガでもフェニックス・ライジング・ヨガセラピーでも、非常に重要なものとして捉えられています。

クラスの最初に、「自分は何を得たいのか」「ヨガの練習でどのように自分の体や心と向き合いたいのか」「クラスの終了時には、どんな状態でいたいのか」などと言った、自分なりのヨガへの向き合い方や、動機となる意図を確認するのはそのためです。意図を持ってヨガを練習すれば、教師の指示だけを頼りに体を動かすのではなく、「自分がどうしたいのか」という心の中に意識を向け、その意図と繫がりながら体を動かし、主体的に一つひとつの行為に向き合うことができます。

時には何の意図も浮かばないかもしれませんが、それでもいいのです。意図とは、論理的に考えることで生まれるものではなく、直感的で体感的なものです。だからこそ、ヨガと通して体に触れる機会を持つのです。

「どうしたいのだろう」「どうありたいのだろう」と問いかけながら、少しづつ、注意深く、体や呼吸の流れに意識を向けてください。体を通した体験の繰返しの中で、しだいに自分がどうしたいのかが明確になってくるものです。

視野を広げてみれば、「人生で自分は何を得たいのか」「残りの人生をどうしたいのか」、人生の大きな意図を見つける為にヨガをしているとも言えます。そして、多くの場合、その意図(intention)は、すでに自分の心の奥深くに抱かれているものです。ヨガはそれを身体と共に探りに行く精神的な旅路です。

2015-09-30

カテゴリ: クリパル単語帳

 

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 北口徒歩3分