下北沢のヨガスタジオ kripalu Japan - ヨガ&セラピー

Kripalu Newsletter - 1週間でできる やさしい春の浄化

いよいよ春の季節が到来しました。この春を快適に過ごすために、アーユルヴェーダの知恵を取り入れてみませんか?

インド伝統の知恵であるアーユルヴェーダでは、私たちの世界は3つのドーシャ(エネルギー)の組み合わせで展開すると考えられています。ヴァータ、ピッタ、カパという3つのドーシャのうち、春はカパ(水と土)が優勢になるとされます。このカパに合わせた過ごし方をすると、春を快適に過ごしやすくなります。

今回は、ハイディ・A・スピアによる著書『Everything Guide to Ayuveda』から、カパの季節のセルフケアについてご紹介します。

カパの季節に最適な春の浄化

春は、一年のうちでカパが優勢になる季節です。冬の乾燥と寒さが溶けて、液体になり始める時期だからです。雨が降り、湿り気が増して重い泥ができます。母なる自然が花盛りの時期を迎え、鳥たちの甘いさえずりがカパの朝の時間に響き、春の到来を告げます。カパの季節であるため、人は風邪をひきやすく、鼻炎など鼻まわりの炎症を起こしやすく、またインフルエンザにかかる人も出ます。

健康でいるために、長い冬の間、体に溜まった老廃物を体外に出し、春の浄化をしましょう。さっそく、体に溜まった毒素の排出に役立つ方法をご紹介します。

1. 感覚を浄化するための朝の習慣を毎日行う

[アーユルヴェーダ的 朝の習慣]

●舌みがきをする
舌磨きスクレーパーで消化されずに残った物を、口の中からキレイにみがき落としましょう。

●ネティポット
鼻の中、鼻腔をきれいにしましょう。

●鼻にオイルを使う
鼻腔、鼻の通り道に適度な湿り気を与え、バクテリアやアレルゲンが付着するのを防ぎます。

●耳の中をオイルで洗浄する
耳を健康に保ちます。

●目にローズウォーターをスプレイする
目を潤し、目の疲れやかゆみを和らげます。

●全身をオイルでマッサージする
肌や関節、内蔵に潤滑油を与え、リンパと血液の流れをよくすることで免疫力を高めます。また心と体を安定させる効果もあります。

●白湯を飲む
コップ1杯の白湯を朝飲むことで、体に溜まった老廃物を排出する助けになります。

●関節のウォームアップとヨガ
活動を始める前に体の準備をします。

●外に出て散歩する
自然とのつながりを持ち、肺に新鮮な空気を送り、体を元気にします。

●プラーナヤーマ(ヨガの呼吸法)
集中する練習になり、一日をスタートする前の良い準備になるでしょう。

*どのドーシャタイプ(体質)でも、この習慣は年間を通して行うことをお勧めします。

2. 朝、散歩をする

爽快な朝に散歩をして、新しい季節の新鮮な空気を体に吸い込みましょう。

3. 一週間、食事は軽めに

特に混ぜ物のないクリーンなものを摂ります。全粒粉など精製されていない食物を自分のドーシャに合わせて食べましょう。一日を通して白湯を飲み、排出を促しましょう。間食、アルコール、コーヒー、甘いものは避けましょう。

4. スパイスティーを、朝か夜のカパの時間帯に飲む

クミン 小さじ1/4、コリアンダー 小さじ1/4、生姜 小さじ1/4を入れたティーポットに熱湯を注ぎ、5分間蒸らします。漉してから飲みましょう。

5. 寝る前と食後にトリファラを摂る

トリファラ(triphala)はマイルドで効果的なお通じ薬です。自然食品なので習慣癖になることはありません。ティーポットに小さじ半分を入れ、熱湯を注ぎ10分蒸らしてから漉して飲みます。食後の場合は、食べてから最低1時間経ってから摂るようにしましょう。

6. 寝る前に日記を書く

引っかかっている感情やわだかまりを解放しましょう。

7. よい時間に眠りにつく

眠い、疲れたと感じなかったら、寝床に就く前にゆったりとしたオイルマッサージを自分にしてあげましょう。それからベッドに入り、リラックスします。思っている以上に疲れているかもしれません。ヴァータの人は22時までには寝ましょう。ピッタの人は23時までに、カパの人も24時までには床に就くようにしましょう。

8. 毎朝起きたら、白湯を飲む

朝、最初に飲むものはコップ一杯の白湯にしてください。排出を促してくれます。

クレンジグの前に

これらのクレンジングをスタートする前、もしくは後に家全体を大掃除してください。ここ1、2年着ていなかった服は捨て、家の中をしっかり掃除しましょう。重い冬服はクローゼットの奥へ、軽く明るい春の服を出して衣替えをしましょう。

◎可能であれば、アーユルヴェーダ専門家の指導を受けながら行うことをお勧めします。

[YOGA BULLETIN 2012年春号より引用]

2017-03-21

カテゴリ: Kripalu Newsletter

スケジュール

5月
21
ジェントル★(村上史子)
5月 21 @ 10:30 AM – 11:50 AM

【ヨガの初心者~体験者向け】穏やかな運動量のクラス。ゆっくりとした動きや、深いストレッチを促すポーズを行うことで、穏やかさや落ち着きがもたらされます。緊張をほぐしたいと感じる時にぴったりです。
★妊娠中の方もご参加いただくことが可能です。

陰ヨガ(塩谷枝里)
5月 21 @ 7:30 PM – 8:50 PM

陰ヨガを行うことで、どっしりとした落ち着きや静寂さ、集中力、活動のためのエネルギーを養うことができます。無意識に頑張りすぎて消耗しがちなエネルギーを陰ヨガで補充して、明日への活力を養いませんか? 運動量:ジェントル ◎2019年4月〜6月までの期間限定クラスです。

5月
22
クリパル・ヴィンヤサ(今村優佳)
5月 22 @ 10:30 AM – 11:50 AM
クリパル・ヴィンヤサ(今村優佳)

優しい動きから始めて、一呼吸一動作でゆっくりと流れるように進んでいきます。ポーズの中でも動き続けることで集中が増し、より瞑想的な意識へと導かれるでしょう。

ジェントル(中村千恵子)
5月 22 @ 7:30 PM – 8:50 PM

【ヨガの初心者~体験者向け】穏やかな運動量のクラス。ゆっくりとした動きや、深いストレッチを促すポーズを行うことで、穏やかさや落ち着きがもたらされます。緊張をほぐしたいと感じる時にぴったりです。

5月
23
10ポーズでリフレッシュ(柏木文)
5月 23 @ 7:30 PM – 8:50 PM

一日の終わりに、心身ともにすっきりと、リフレッシュしませんか?このクラスでは毎回、基本的な10のポーズを同じ順番で練習します。次に何のポーズをするのかが分かっていると、マインドも静まりやすいため、クラスが終わる頃には、疲労感やストレスから解放されているのを実感するでしょう。 運動量:モデレート ◎2019年4月〜5月までの期間限定クラスです。

5月
24
はじめての人の瞑想(三浦まきこ)
5月 24 @ 10:00 AM – 10:30 AM

心を静かに自分の内面に注意を向ける時間は、忙しく生きる私たち現代人にとっては、オアシスのようなものです。また、瞑想の後にヨガのクラスを受ければ、いつもより集中した体験になることでしょう。
(30分クラス、500円/回)

アーユルヴェディック・ヨガ★(三浦まきこ)
5月 24 @ 10:50 AM – 12:10 PM

【ヨガの初心者~体験者向け】中程度の運動量のクラスです。アーユルヴェーダをヨガに融合し、ドーシャを整えます。 ★妊娠中の方もご参加いただくことが可能です。

キャンドルヨガ★(村上史子)
5月 24 @ 7:30 PM – 8:50 PM

このクラスでは、体をゆっくり隅々まで動かしながら、深い呼吸をしていきます。キャンドルの炎を見つめる「トラタク瞑想」も行うので、頭が休まり、内なる静寂を感じることができるでしょう。

[運動量]ジェントル
★妊娠中の方もご参加いただくことが可能です。

 

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 東口徒歩4分