下北沢のヨガスタジオ kripalu Japan - ヨガ&セラピー

Toshiのつぶやき - 不快な体験

奥歯のキャップが取れたので、即、近所の歯科医へ予約した。

「キャップが外れた所に虫歯があるね」と手に鏡を持たされ、
自分の目で確認するように言われた。
すると、「レントゲンを取ります」と言われる。

「レントゲンは撮らないとダメですか?」

「撮らないと虫歯の深さがわかりません」

「この歯はもうレントゲンで撮ったかもしれないですが…カルテには載ってませんか?」

「撮ればカルテに書くのはあたり前です」とイラッとした様子。

カルテをパラパラとめくりながら、「レントゲンを撮ったことはカルテに書いてません」
「違う所で治療したんだから」と投げ捨てるように言われたかと思ったら
「嫌なら他で治療してもいいんですよ」

『うゎっと?』(これ英語です)

自分は若く多感な時期にアメリカで生活をしてたせいか、以前の国際結婚の記憶からか、
未だにこういう咄嗟の反応で心に浮かぶ言葉は英語が多い。
とは言っても、それを声に発したわけではない。

あまりに突然の宣告で唖然としていたら、
「他に行ってください!」と言いながら自分の目の前にキャップが差し出された。

『まいぐっねす!!』(また英語)

英語でも何でもいい、心の動揺を心の中で叫べることに改めて感謝。

次の瞬間、歯科医の姿は消え、一人残されたので、エプロンを自分で外して帰った。

妻と相談してその日の午後に、同じ街の別の歯科医に予約を取った。

「どうしました?」
「キャップが取れました」

「少し虫歯がありますね」と言いながら削り始めた。
わずか20秒程の処置。

「これで虫歯は取れました。このままキャップをつけておきますね」
レントゲンの話は一切なかった。

念のために聞いてみたら
「この程度の虫歯なら削れば取れますから、レントゲンは必要ありません」とのこと。
午前中にかかった歯科医は何だったんだ?

ストレートに疑問を投げかけたことで、結果は相手を怒らせ、自分は惨めな思いをしたが、
不要な放射線と過剰治療から自分の体を守ることができた。
もう少し聞き方を工夫すればよかったのだろうか?
そんな思いはあるものの、あの歯科医の態度が変わるとは思えない。

自分の望みを優先すれば、時には不快な体験もつきものだ。

歯科医院の玄関を出て、「は~」とため息。

さあ、家に帰ろう。

2015-03-25

カテゴリ: Toshiのつぶやき

 

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 北口徒歩3分