下北沢のヨガスタジオ kripalu Japan - ヨガ&セラピー

スタジオブログ - アーユルヴェーダで春をハッピーに過ごそう ~花粉症のあなたへ~ 

山梨に引越して数年経った2011年、とうとう花粉症になりました。 
個人の許容量を超えると花粉症になるといいますが、増えすぎるとバランスを崩す、というアーユルヴェーダと同じ、自然の法則ですね。自然界と花粉症、うまく付き合えるとように、これまでやってみて良かったことを紹介します。 

一言で花粉症といっても、まず症状は色々です。 


くすぐったい、かゆい、
立て続けのくしゃみ、落ち着かない、不眠など

 
ヴァータのアンバランスの症状で、私はここから始まり、そして一番辛い!と感じます。爆発的なクシャミが突然始まり、常に鼻をかんだり、くすぐったかったり、じっとしていられず、鼻をかむうちに皮膚も乾燥して、超バタバタ…全く落ち着きません。 
長期的なケアには アビヤンガ(オイルマッサージ)やネシヤ(オイルの点鼻)のようなオイルケアが有効ですが、症状が強いときは、あらゆる刺激を避けて静かに過ごす、動かない、自分をそっとしておくことが、一番でした。 
そしてヴァータは「大腸に住んでいる」ので、便通を良くすること。そのために時々青汁を飲みます。

微熱、イライラ、鼻血など

熱を伴うこれらの症状はピッタの増えすぎ。ヴァータの風に煽られると、ピッタ(火)は燃え上りやすくなります。 
やらなくちゃいけないことが、あるのに思うように進まない状態では、よりピッタが増えますから、この時期は、少しスペースを増やして、リラックスできるようにセルフコントロールします。 
クールダウンするミント、ユーカリなどの清々しい香りのものを選ぶのも◎ 
ただし、私はヴァータ系の症状が強いので、少し重めの落ち着く香りの方が良いようです。香りは、自分の心身で感じることをベースに選んでみてください。 

鼻づまりや頭痛、体のだるさ、鬱っぽい症状

カパ増えすぎのサイン。粘液(鼻水など)はカパ質、春本番になればなるほど、カパが増えるので、ここが辛い方も多いかと。 
「詰まっている」ときには、甘いもの、お腹に重いものを控えて、胃腸に負担をかけないように、しばらくでいいので、食べ物を調整してみて。甜茶のほか、べにふうき茶などは有効です(でも飲みすぎないように!) 
バタバタと落ち着きのない状態でなければ、スパイスの効いたカレーやチャイはぴったりだと感じます。マスクやメガネを利用しながら外に出て、人と会い、行ったことのないところへ行ってみるのも、気分転換になりますし、室内でできるヨガはぴったりのエクササイズ。 


花粉症は春の症状だからカパ、と一概に言えないところが面白いですよね。 

そして最後に、どの症状が出ている時にも、必ず役立つこと…それは、サットヴァ(善性:清らかで軽く調和した質)を増やすことです。 

整理整頓と浄化(室内のマメな掃除、帰宅後の片付け:花粉を持ち込まない、うがい、手洗い、ネティ(鼻の浄化)など) 
※ただし、ネティで塩水を使う場合、ピッタ、カパのケアには不向きですので気をつけて。 

これらをきちんと、毎日続けてサットヴァを保ち、それでも症状が出る場合は、時には市販薬等をつかって症状を和らげることも必要だと思います。指示通りの量や頻度より少なくても、花粉症をコントロールするのに十分な場合もありますから、自分にあった薬の量に調整して。 

花粉症など困ったことに対して、何かを試し、その効果を計り、その結果を持って次のアクションを選ぶには、自分の体や、心の状態を知ることが必要です。仮にうまくいかないことがあっても、そのおかげでわかることもあるでしょう。花粉症歴7年ほどですが、年ごとに、うまくコントロールできることが増える気がします。花粉症でも、春がやってくるのは楽しみに思いたいですものね! (2018年3月24日)

三浦まきこ
2004年にヨガ指導を始め、2005年退職と同時に渡印、インド政府公認シバナンダヨガ教師養成コース修了。2005年に東京都銀座にMUKU STUDIOをオープン。徐々にクリパルヨガ教師のあり方に対する共感が強まり、2006年よりクリパル・ジャパンの経営に携わる。2007年に米国クリパルセンター公認500時間ヨガ教師トレーニング修了、山梨へ転居。母、妻、ヨガ教師という肩書き以上に、女性である自分自身に正直に、リアルであることを大切にしながら、ヨガ指導やスタジオ運営に関わっている。

春の浄化を実践してみよう!

ワークショップ「クリパル・アーユルヴェディック・ヨガの1日 〜春の浄化&ベジランチ付」
クリパル・アーユルヴェディック・ヨガを中心に、季節に合わせたアーユルヴェーダのセルフケアを体験する1日ワークショップ。春から梅雨は、心身をイキイキと軽やかにし、不必要なものを手放し浄化する季節。体の中から美しくなるためのヒントがいっぱいです!

ワークショップ詳細をみる

1週間でできる やさしい春の浄化
ハイディ・A・スピアによる著書『Everything Guide to Ayuveda』から、カパの季節のセルフケアについてご紹介します。

コラムを読む

2019-03-15

カテゴリ: スタジオブログ

スケジュール

5月
19
クリパルヨガの月礼拝(今村優佳)
5月 19 @ 6:40 PM – 8:00 PM

月礼拝は、1980年代に米国クリパルセンターの女性ティーチャー達が生み出した、クリパル独自のシークエンスです。呼吸に合わせて動くことで、体を開いていきましょう。

5月
20
モデレート(青江信明)
5月 20 @ 10:30 AM – 11:50 AM

【ヨガの初心者~体験者向け】
中程度の運動量のクラス。太陽礼拝をベースとしたシークエンスの中で、ポーズのホールド(保持)も行います。少しのチャレンジで、達成感や爽快感を味わいたい時にぴったりです。

5月
21
ジェントル★(村上史子)
5月 21 @ 10:30 AM – 11:50 AM

【ヨガの初心者~体験者向け】穏やかな運動量のクラス。ゆっくりとした動きや、深いストレッチを促すポーズを行うことで、穏やかさや落ち着きがもたらされます。緊張をほぐしたいと感じる時にぴったりです。
★妊娠中の方もご参加いただくことが可能です。

陰ヨガ(塩谷枝里)
5月 21 @ 7:30 PM – 8:50 PM

陰ヨガを行うことで、どっしりとした落ち着きや静寂さ、集中力、活動のためのエネルギーを養うことができます。無意識に頑張りすぎて消耗しがちなエネルギーを陰ヨガで補充して、明日への活力を養いませんか? 運動量:ジェントル ◎2019年4月〜6月までの期間限定クラスです。

5月
22
クリパル・ヴィンヤサ(今村優佳)
5月 22 @ 10:30 AM – 11:50 AM
クリパル・ヴィンヤサ(今村優佳)

優しい動きから始めて、一呼吸一動作でゆっくりと流れるように進んでいきます。ポーズの中でも動き続けることで集中が増し、より瞑想的な意識へと導かれるでしょう。

ジェントル(中村千恵子)
5月 22 @ 7:30 PM – 8:50 PM

【ヨガの初心者~体験者向け】穏やかな運動量のクラス。ゆっくりとした動きや、深いストレッチを促すポーズを行うことで、穏やかさや落ち着きがもたらされます。緊張をほぐしたいと感じる時にぴったりです。

5月
23
10ポーズでリフレッシュ(柏木文)
5月 23 @ 7:30 PM – 8:50 PM

一日の終わりに、心身ともにすっきりと、リフレッシュしませんか?このクラスでは毎回、基本的な10のポーズを同じ順番で練習します。次に何のポーズをするのかが分かっていると、マインドも静まりやすいため、クラスが終わる頃には、疲労感やストレスから解放されているのを実感するでしょう。 運動量:モデレート ◎2019年4月〜5月までの期間限定クラスです。

5月
24
はじめての人の瞑想(三浦まきこ)
5月 24 @ 10:00 AM – 10:30 AM

心を静かに自分の内面に注意を向ける時間は、忙しく生きる私たち現代人にとっては、オアシスのようなものです。また、瞑想の後にヨガのクラスを受ければ、いつもより集中した体験になることでしょう。
(30分クラス、500円/回)

 

Mail magazine

クリパル・ジャパンのメールマガジン
「KRIPALU EXPRESS」
ワークショップのお知らせや最新コラムなどをお届けします。
お気軽にご登録ください。

Corporate info

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-15 3F
TEL : 03-6407-8446 Mail : studio@kripalu.jp
小田急線/井の頭線 下北沢駅 西口徒歩2分 東口徒歩4分